MENU

武蔵小杉のマンション|シティタワー武蔵小杉|TOP > 住友不動産免震タワーマンションご入居者インタビュー > S様ファミリー(30歳代)

免震マンションに お住まいの皆様に 住み心地を 聞いてみました。
鍵を開けた瞬間、家の中は何ごとなかったかのようで、驚きと同時に感動すら覚えました

管理スタッフの方々が非常に冷静に対応してくれたのも安心の一つ

○ご主人「震災当日は、都心の職場の22階におりました。揺れがひどく、物が落下しないように押さえていたのですが、自宅も職場と同じ22階だったので、家は一体どういう状況なのだろうかと心配していました」

○奥様「私も都心の会社におりましたが、地震の後、1時間歩いて保育園へ子どもを迎えに行き、バスで家に戻りました。家の中には、写真立てなどがたくさん飾ってあるし、食器棚のガラスなどが割れて散乱していたら、子どもが小さいので、相当危険だろう…。この子を抱えながら、どう片づけをしたらよいか…などと、悩みながら帰宅しました。鍵を開けた瞬間、家の中は、何ごともなかったような状態で、驚きと同時に感動すら覚えました。エントランスで管理スタッフの皆さんが、冷静に、穏やかにアドバイスをしてくださったことも、安心できる要因でしたね」

○ご主人「会社では、知人から“液状化しているんじゃないの?”と言われていたので、きっと大変なことになっていると心配していたのですが、何も変わったことがなく、立地面でも安心しました」

photo

家族がすぐに集まれる距離にいることは、大事なことだと実感

○ご主人「購入する時、日当たりが良いことと、近くに学校ができることなど、子育ての環境を重視しました。免震構造については、特に考えてはいなかったですね。制震とか、免震などは、どのマンションにも設置されている構造や設備なのだろうという程度の認識しかなかったです。はっきりいうと、日本の建物だから、地震があっても、きっと大丈夫だろうというくらいの感覚でした(笑)」

○奥様「私も自宅にいるときに、何度か余震を体験しましたが、想像していたほどは揺れないことに驚きました。震災後、知り合いに“免震マンションは、本当に良いよ”と伝えたほどです」

photo

建物の心配はなくなったので、次はその後の生活の安定

○ご主人「今回、建物の安全性については、避難所より安心という感想を持ちました。自宅に被害がなかったことで、子どもも安心して過ごせたと思います。これからは、最低限の生活物資や簡易トイレなどを、備蓄しておくことが課題ですね」

○奥様「何一つ被害もなく、買い置きの心配だけですんでいるということは、大きな被害のあった皆さんに申し訳なく、本当に幸なことせだなぁと実感しています」

photo

※1 掲載の写真はシティタワー有明モデルルーム(130Bタイプ)を撮影(平成21年2月)したもので、家具・調度品等他オプション仕様は販売価格に含まれておりません。設備・仕様はタイプにより異なります。

Page Top

物件に関するお問い合わせはこちら

▼お電話でのお問い合わせ▼

お問い合わせは
住友不動産「総合マンションギャラリー武蔵小杉館」

0120-635-150

営業時間
午前10時〜午後6時
(火・水曜定休・年末年始休業)

▼メールでのお問い合わせ▼

ct-musashikosugi@j.sumitomo-rd.co.jp

資料請求

来場予約

0120-635-150 現地案内図 資料請求 来場予約 Menu
0120-635-150 現地案内図 資料請求 来場予約 Menu